小学校受験は必要か徹底検証します

近年小学校受験をする人が増えています。その理由は大きく三つにわけられるでしょう。一つ目は、エスカレーター式に有名大学まで進学できるという理由。二つ目は公立の小学校が荒れていて通わせたくないという理由。三つ目は難関大学進学を見据えて中学受験を考えているため、そのようなお子さんがたくさん通う小学校に通わせたいという理由。また、これに関連して、中学受験で難関になるような名門私立中高一貫校に附属する小学校に入学させたいという理由もあるでしょう。これらの理由によって小学校受験をする意味は違ってくると考えられます。小学校受験にはもちろんお金がかかりますから、いいことばかりではありません。今回は、その理由ごとに小学校受験の必要性、またメリットデメリットを考えていきたいと思います。

有名大学へのエスカレーター式進学を見据えた小学校受験

まず小学校受験をする理由として一つ目にあげた「有名大学へのエスカレーター式進学」を理由とした小学校受験について受験の必要性を考えていきます。このような理由でしたら、ズバリメリットがあると考えられます。小学校、中学校、高校と私学になるのでコストは相当かかってきますが、大学受験へのプレッシャーがないため、部活やその他の活動に専念することができます。また、エスカレーター式進学を目指すなら中学受験、高校受験よりも小学校受験の方が手軽です。中学受験や高校受験に比べて受験者は少ないので敷居が高そうに思えるかもしれませんが、倍率も比較的低く、準備間も短いですし、コストも少なくて済みます。また先ほどの勉強以外の活動という面においても幼稚園児よりは小学生、中学生の期間を利用した活動の方が多いので小学校受験をするのが良いでしょう。

エスカレーター式進学を目的としない小学校受験の必要性

エスカレーター式進学を目的としない小学校受験においては理由が二つあります。「公立の小学校が荒れていて通わせたくない」という理由と「難関大学進学を見据えて有名私立中高一貫校に通わせたいから中学受験をするお子さんが多く通う小学校に通わせたい」という理由です。前者の場合、小学校受験をする必要性はあるでしょう。公立に行かせたくないなら受験させるしかありませんよね。後者の場合、受験をする必要性は必ずしもあるとは言えません。なぜなら、どんな名門の小学校でも中学受験対策はしてもらえないからです。結局はみな塾に通うことになります。もちろん公立の小学校だと中学受験者は少ないので回りの雰囲気に流されてしまう可能性はありますが、塾に通っていればその心配もないでしょう。